筆記用具

社会人入学も珍しくない

教室

保育士の資格を取得するべく学校で学ぶ方は増えていて、増加の傾向にあります。全国的に需要がある資格で人気があります。資格の取得には幾つかの方法があり、専門課程の他に一般課程でも受験が可能となっています。

View Detail

就職に有利な資格といえば

積み木の家

不動産取引には不可欠

不動産業界はもちろん、一般企業においても専門知識が生かせるとして人気が高いのが、宅建の資格です。宅建は正式名称を宅地建物取引士といいます。不動産の売買や賃貸借に関し、契約当事者の間に立って物件に関して知っておかなければならない事項を買い手や借り手に説明したり、契約書に記名・押印を行ったりすることを主たる業とします。この手続きは不動産取引の際に必ず行わなければならないとされており、しかも行うことができるのは宅建の資格を持った者のみです。そのため、不動産会社では非常に高い需要があります。加えて、企業が工場用地を取得したり、社宅を借り上げたりする際にも宅建の持つ専門知識は非常に役立ちます。そのため一般企業の総務部門や管財部門でも有資格者が優遇される傾向にあります。

独学でも合格は可能

宅建の試験には毎年約20万人もの応募者があり、わが国で最も人気の高い国家資格です。合格率は15〜17%とかなりの難関ですが、人気の資格である分、学習方法も多様です。独学でも工夫すれば十分に合格は可能です。独学者に最も適しているのが、通信講座です。現在、多くの専門学校・各種学校が宅建受験対策用の通信講座を開設しています。通学制の講座にひけをとらない充実した内容のものも少なくありません。自分のペースで学習を進められるので、キャリアアップのために働きながら、あるいは昼間に別の学校に通いながら合格を目指す人に向いています。通信講座の料金は総額で8〜10万円程度が平均的なところです。合格すると一部が返金されるというサービスを行っている通信講座もあり、勉強のモチベーションを上げるのに便利です。

障害者を支える専門職

メンズ

言語聴覚士の国家試験を受けるためには、高等学校や大学卒業後に専門の養成学校でも学ぶ必要があります。学習内容は多岐にわたりますが、全て言語聴覚士にとって不可欠な知識です。障害者に対して様々な支援を行う専門職であり、今も、そしてこれからも社会に必要とされていく存在です。

View Detail

業務推進力を身に付ける

男の人

仕事を進めて行く際には部署間や自部署内の人材をマネジメントしながら有効的に活用して行く力が必要とされます。これらの力を評価するものとしてマネジメントの資格取得が人気となっており多くの方が関心を持っています。

View Detail